防災情報

赤ちゃんがいる家庭の地震対策〜普段の備えから地震時の守り方・避難時のポイント〜

近く起こるとされる大規模な地震。赤ちゃんがいるご家庭では、いざというときに小さな命を守れるのか不安になりますよね。地震が発生したとき、大人がパニックになると赤ちゃんも敏感に空気を察して不安になってしまいます。

日頃からどんな準備をしておけばいいのか、実際に揺れが発生したときにはどんな行動を取ればいいのかをまとめました。いざというときに「大丈夫だよ、ちゃんと準備してるからね。」と赤ちゃんを安心させてあげられるよう、ポイントをしっかり抑えておきましょう。

赤ちゃんのための防災グッズ

普段のものがそのまま防災グッズに

赤ちゃんのための防災グッズは、特別なものを準備する必要はありません。普段出かける際、マザーズバッグに入れているものがそのまま使えます

〈防災グッズリスト〉

  • おむつ・おしりふき
  • ガーゼ・タオル
  • スタイ
  • 着替え
  • 防寒具
  • ブランケット
  • ビニール袋
  • 母子手帳・保険証・医療証・おくすり手帳
  • おもちゃ・絵本
  • 抱っこひも

これらに加えて、避難時は現金モバイルバッテリーカイロなどがあれば便利です。

多めにストックしておこう

おむつ・おしりふき

非常時におむつの残りが少なくなると焦ってしまいます。常に1ヶ月分ストックしておきましょう。サイズアウトが心配な場合はワンサイズ大きいものも1パックあると安心ですね。

おむつ替え以外にも様々な場面で使えるおしりふきは、平常時でも非常時でも役立つアイテムですので、まとめて買っておきましょう。

ミルク

ミルクも1缶(1箱)を常にストックしておきましょう。完母であっても非常事態ではストレスで母乳が出なくなることもあります。調乳せずにすぐ使える液体ミルク使い捨て哺乳瓶もあるといいですね。ミルクだけではなく、水も忘れずに。通常の防災用の備蓄水を、赤ちゃんも飲めるものにしておきましょう。

地震後に清潔な哺乳瓶が手に入らないことも考えられます。コップやスプーンで授乳する方法もチェック

離乳食・おやつ・飲み物

離乳食期の赤ちゃんは市販の離乳食を多めにストックしておいて、日常的に消費しましょう。そうすれば賞味期限が切れることもなく、赤ちゃんも市販品の味に慣れておくことができます。おやつや飲み物(お茶・ジュース・イオン飲料など)も日頃から使えるものですので、常に家に置いておきましょう。

特に赤ちゃんにアレルギーがある場合や食べられるものが限られる場合は、非常時に食糧が手に入らない場合もあります。常に余裕を持ってストックを。

地震が起きたときの対応

揺れている最中は何もできない

震度7前後の揺れの中では「立っていることが困難になる、はわないと動くことができない、飛ばされることもある」とされています。

実際の地震で震度7を経験した人の中には「自分が飛ばされないようにするのが精一杯」「揺れている最中は、隣の部屋で子供が泣いているのに駆けつけられなかった」という人もいます。

動けたとしても、激しい揺れの中で赤ちゃんを抱えて移動するのはとても危険です。まずは頭を守る、テーブルの下に入るなど自分の身の安全を確保し、揺れが収まってから子供の側に行くようにしましょう。

「揺れている最中は何もできない」ということを念頭において、地震対策をしておく必要があります。

地震が来ても安全な部屋に

「地震が来てもすぐに子供の側に駆けつけることができない」という前提で、赤ちゃんが過ごす場所には危険がないようにしておきましょう。

  • 赤ちゃんが寝る場所付近には、高い家具・重い家電を置かない
  • ガラス窓の近くに寝かせない
  • 昼間でもカーテン(レースだけでも可)を常に閉めておく
  • 移動しないようベビーベッドのストッパーをかけておく

地震に備えて家具を固定しておけば安心です。詳細についてはこちらをご覧ください。

今すぐ見直そう!地震による家具の転倒被害を防ぐ配置と固定方法 日本は言わずと知れた地震大国。 近いうちに南海トラフや首都直下地震などの大規模な地震が起こる可能性が指摘されていて、不安に...

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちなどで移動できるようになったら、テレビや冷蔵庫の固定も行いましょう。

テレビにも地震対策を!しっかり固定して今すぐ転倒防止しよう 近年テレビは薄型化が進み、場所を取らないメリットがある一方で倒れやすいというデメリットも指摘されています。地震の多い日本では、何...
冷蔵庫にも地震対策を!しっかり固定してライフラインを確保しよう 冷蔵庫の地震対策、していますか? ベッドや出入り口付近の家具の固定はしているけど、冷蔵庫までは手が回ってない…という人もい...

家具を固定しても、中身が飛び出しては危険です。赤ちゃんのいたずら防止対策にもなりますので、収納の中身の保護もしておきましょう。

棚にも地震対策を!収納物の落下防止で安全な我が家に 近いうちに大きな地震が来ることが予測されていますが、ご自宅で地震対策はされていますか? 家具を固定している方も多いと思いま...

地震が来た!赤ちゃんの守り方

室内にいるとき

赤ちゃんを抱っこしているときやすぐ側にいるときに揺れが来た場合は、まず危険な場所(大きな家具の近く、窓の側など)から離れます

いつもの抱っこの仕方では、揺れで赤ちゃんが飛び出してしまう可能性があるので、テーブルの下など安全な場所で次の姿勢を取りましょう。

  • 体勢を低くして赤ちゃんと向かい合わせになる
  • 子供の頭を大人のお腹側にして、子供のお尻を抱えて丸くなる

(参照・画像引用元:危機管理教育研究所「地震から子どもを守る」)

テレビやスマホで緊急地震速報が流れる場合もあります。揺れが来るまで時間があるときは、コンロの火を消す避難経路のドアを開けるなどして赤ちゃんのところに行きましょう。

外出中のとき

赤ちゃんと一緒に外出しているときに地震が起きたら、まずは道路脇の安全な場所に行きましょう。付近にブロック塀・ガラス・自動販売機などがないか確かめ荷物やブランケットなどで頭を守ります。

ベビーカーの場合はストッパーをかけて赤ちゃんの上に覆いかぶさります

室内にいる場合は、出入り口に人が殺到することもあります。周囲の状況をよく見て、慌てて外に飛び出さないようにしましょう。

赤ちゃんを連れて避難するとき

なるべく自宅避難を

地震の後、赤ちゃんを連れて避難所に向かうのはとても危険です。揺れで壊れたブロック塀やガラスの破片が散乱していたり、道路が通行止めになっていたりすることも。赤ちゃんを連れて移動中に余震が来ることも考えられます。

また避難所に行ったとしても、赤ちゃんに必要な物資が手に入れられない、授乳やおむつ替えのためのスペースが確保されていない、泣き声などが周囲の迷惑になるなどで過ごしにくいこともあります。なるべく自宅避難する方法を考えましょう。

避難所に行く場合は

準備するもの

自宅が危険な状況になってしまったなど、どうしても避難所に行かなければいけなくなったら、必要なものを準備して準備します。バッグは両手が空くリュックタイプがおすすめ

ベビーカーや車で避難する場合でも途中で進めなくなる可能性があるため、必ず抱っこひもも持参しましょう。首座り前の赤ちゃんは、バッグを抱っこひも代わりに使うことができます。(参照元:だっことおんぶの研究所「災害から赤ちゃんを守る」)

靴があれば赤ちゃんに履かせ赤ちゃんのお気に入りのもの(おしゃぶり、おもちゃ、ぬいぐるみ、絵本、いつも使っているタオルなど)があれば、是非持っていきましょう。

避難所に向かう前に

調べることができれば、避難所が被災していないかと途中の道に危険がないかを確認してから避難所に向かいましょう。パパやママが1人で赤ちゃんを連れて避難する場合は、他の家族に避難先を連絡しておきます。連絡がつかない場合はドアに貼り紙をしておけば、家族や救助に来た人にも避難済みであることが分かります。

避難の途中や避難所についてからも、予想もしなかったことや困難なことが起こるかもしれません。1人でなんとかしようとせず、近所の人や同じような子連れの人に声をかけて、手伝ってもらったり助けあったりして乗り越えましょう

《避難所に行くときのポイント》

  • バッグはリュックタイプがおすすめ
  • 必ず抱っこひもを持参
  • 赤ちゃんに靴を履かせる
  • 赤ちゃんのお気に入りグッズを忘れずに
  • 出発前に避難所とルートの情報を確認
  • 家族に避難先を連絡
  • 1人で抱え込まず遠慮なく助けを求める

まとめ

非常事態の中で赤ちゃんという弱い存在を守ることに、大きな不安や重い重積を感じるかもしれません。普段から家の中の環境を整えたり、必要な日用品・飲食物を準備したりしておけば、いざというときの安心度が違います。

また避難生活が長期化すれば、周囲の人の助けが必要になってきます。家の中のことだけではなく、家の外のつながりも普段から大事にして、いざというときはみんなで赤ちゃんを守る、という意識を高めておけるといいですね。

参考資料:

NPO法人ママプラグ(2019)『全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました』祥伝社
地震イツモプロジェクト(2011)『親子のための地震イツモノート キモチの防災マニュアル』ポプラ社

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!