防災情報

台風被害から家を守ろう!台風対策グッズまとめ

近年、台風や豪雨の被害が増えています。台風が多い地域はもちろん、そうでない場所でもいつ災害が起こるか分かりません。

自然災害は事前に対策をしているかどうかで被害も大きく変わってきます。台風や豪雨対策に使えるグッズをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

台風対策のグッズにはどんなものがある?

台風の被害には

  • 飛散物によって窓ガラスが割れる
  • 家の中に雨が入り込んでくる(浸水)
  • 窓付近から窓が吹き込んでくる、雨漏りする

などがあります。

家の中に水が入ってくると、家財道具がダメになる、家のダメージになるなど二次災害が起こる可能性も。対策をしておくことで防げるのなら防ぎたいですよね。それぞれの対策グッズをご紹介していきます。

窓ガラスの対策グッズ

台風の被害で実は多いのは窓ガラス。飛散物によって窓ガラスが割れてしまうという被害ですね。大きなものが飛んでくれば危ないのはもちろんですが、風速が強いと小さな小石が飛んできただけでも窓ガラスが割れてしまうことがあるんです。

ですから窓ガラスの対策はしておいた方が安心ですよ。窓ガラス対策グッズをご紹介していきます。

●飛散防止フィルム

窓ガラスに貼っておくことでガラスが飛散するのを防止してくれます。窓のサイズに合わせて窓全体に貼りましょう。

こちらはすりガラスのタイプです。

飛散防止フィルムを貼っても窓は普段通りに使えますので、台風の度に貼ったり剥がしたりする必要がありません

●養生テープ

飛散防止フィルムを貼っていない場合は、養生テープで対策ができます。

養生テープ以外にも飛散防止テープや、ガムテープなどでも対策できますよ。飛散防止テープは飛散防止効果は高いですが、剥がすことを考えると養生テープが一番扱いやすいです。

●防護ネット

ベランダなどに貼って置いて飛来物が飛んでくるのを防ぐことができるのは防護ネット。子供やペットの転落防止や防鳥対策として普段から使用できます。

TiaysTiays 防護ネット 安全ネット 階段ネット 落下防止ネット 階段 手すり ベランダ ゴルフ 防護 網 猫 脱走防止 ネット 台風ネット

ただしネットより小さい小石などは入ってきてしまうのですべての飛来物を防ぐことはできません。また、マンションの規定によっては設置できないこともありますので管理会社などに確認してみてください。

 

窓ガラスの対策グッズは、窓が割れないようにするものではなく、割れた窓が飛散しないようにするものです。雨戸やシャッターがないとどうしても窓が割れるのは防げないことも。飛散防止対策をしていれば窓ガラスが飛び散らないので破片でケガをしたりする危険性が低くなりますよ。

窓ガラスの対策について詳しくはこちらへ。

台風の窓ガラス被害は意外と多い!飛散防止対策と割れた時の対応をチェック 気候変動の影響で、強力な台風が日本列島に上陸することが多くなりました。大型の台風では自宅が破損する被害が増えます。中でも多いのは...

吹き込みや雨漏りの対策グッズ

普段の雨では何ともなくても、台風が来ると窓から雨が吹き込んできたり、雨漏りが起こることがあります。

吹き込みや雨漏りが起こった時に役立つグッズをご紹介しますね。

雨水を吸い取るグッズ

吸水シートがあると家の中に入ってきた雨を吸い取ることができます。

窓から雨が吹きこんでくる場合は窓の近くに、壁の場合は壁に貼り付けて、天井からの雨漏りの場合はバケツの中に入れて置くといいでしょう。

created by Rinker
¥2,640
(2022/10/04 08:47:59時点 楽天市場調べ-詳細)

吸水シートがあると便利ですが、家にあるこんな物でも代用が可能です。

  • ペットシーツ
  • オムツ
  • 油の吸収パッド
  • 段ボール

など。ペットシーツは100円ショップなどで少量から購入できるので防水用に持っていてもよいのではないでしょうか。

雨水から家や家具を守るグッズ

雨水を吸い取ってもまだ雨が吹き込んでくる場合は、周辺の床や家具などが濡れないように保護しましょう。

そのためにはブルーシートがあると便利です。

事前に雨漏りすることが分かっていれば外側からブルーシートで覆っておくという手もあります。ただし、台風ですので風に飛ばされないように注意してください。

外で使用する場合はシートの厚さにも注意が必要。

家の中で使うのであれば、レジャーシート、ビニール袋などでも代用可能です。

雨漏り対策にはバケツも必需品ですね。

雨水の侵入を防ぐグッズ

雨が吹き込んでくる箇所がハッキリわかる場合は防水テープを使って雨水の侵入を防ぐこともできますよ。

空気が入らないように下から上に向かって防水テープを貼り、雨水の侵入経路を塞ぎます。

テープ状の養生シートでも対策になります。

created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥334
(2022/10/04 08:48:00時点 Amazon調べ-詳細)

ない場合は粘着テープでも代用可能ですのでまずは試してみてもいいですね。ただし大量の雨が吹き込んでくる場合はあまり効果がないかもしれません。

吹き込み対策や雨漏りの応急処置のページも合わせてどうぞ。

台風で窓から吹き込みが!雨漏りの応急処置からリフォームまで対策をご紹介 普通の雨では何ともなくても、台風のときに窓から雨が吹き込んでくることがあります。 ただでさえ恐ろしい台風なのに、さらに不安な気...
雨漏りを見つけたらすぐに対策を!室内・屋外の応急処置をご紹介!ただでさえ気が滅入る雨降り。今日はゆっくり家で過ごそうと思ったら…なんと家の中で雨漏りが! 「すぐに修理しないと!」と屋根に上がる...

浸水被害から家を守るためのグッズ

最後に玄関やベランダなどから浸水してくるのを防ぐためのグッズです。ケースとしては一番少ないと思いますが対策グッズがあると、もしもの時に安心です。

雨水の侵入を防ぐグッズ

浸水してきそうな場所に、工事現場などで使う土嚢(どのう)を置いておくと家の中に水が入るのを防ぐことができます。土の代わりに水を使う水嚢(すいのう)も主流ですね。

ない場合は、ビニール袋に水を入れて置くだけでも対策になります。ビニール袋は家具の保護など色々使えるので防災対策に用意しておきたいアイテムですね。

他には吹き込み、雨漏り対策でご紹介した防水テープ、防水シートも浸水対策に使えます。

駐車場や門などには板で水を堰き止める止水板で水の侵入を防ぐことができます。

こちらはシートタイプです。

家の中の水を抜くグッズ

家の中に水が入ってきてしまった場合、バケツなどを使って水を外に出すのは大変です。業者に依頼する手もありますが、排水ポンプがあると自分でも比較的簡単に水を出すことができます。

家の中に入った水だけでなく、庭や駐車場などにたまった水にも使えますよ。

雨水には泥やゴミなども含まれているので、汚水用を使いましょう

浸水被害を防ぐにはこちらの記事もどうぞ。

台風や大雨の浸水を防ぐにはどうする?自分でできる対策をご紹介! 近年、温暖化の影響で台風や豪雨による浸水被害が増えています。「自分の家は大丈夫?」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか...

基本的な防災グッズもそろえておきたい!

台風が来たら、電気や水道などのライフラインが止まってしまったり、住んでいる場所によっては高台に移動しなくてはいけないというケースも出てきます。

台風に特化した対策グッズだけでなく、基本的な防災グッズも用意しておきましょう。

  • 食事関連(飲料水、火がなくても食べられるものなど)
  • 衛生グッズ(ウエットティッシュ、簡易トイレなど)
  • 生活用品(懐中電灯、スマホのバッテリー、ラジオなど)

などですね。

台風が来た後は水道が止まるというリスクも高くなるので、給水袋やポリタンクなどは得意に用意しておきたいですね。

防災グッズに関して詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

家庭で用意しておくべき防災グッズまとめ!置き場所はどこがいい? 万が一の時の備えとして用意しておきたい防災グッズ。一から用意するとなると何をどう用意したらいいのか迷ってしまいますよね。しかも用...

まとめ

台風の対策グッズをご紹介してきました。自分の家にはどんなリスクがあるのかを考え、不安のある所から対策していきたいですね。

どんなリスクがあるのか分からないという場合は最低限

  • バケツ
  • ビニール袋
  • 吸水シートもしくはその代用品
  • 飛散防止フィルムもしくは養生テープ
  • ブルーシート

だけでも用意しておくといざという時に役立つのではないでしょうか。

台風だけでなく防犯対策になったり、他の自然災害の時にも使えたりするアイテムもあるので備えておくと安心ですよ。

対策グッズをそろえるのもなかなか大変、という方は100円ショップで揃うアイテムから探してみてはいかがでしょうか。

台風対策グッズは100均でも買える?揃えやすいものから始めてみよう! 年々、100円ショップの品ぞろえはよくなっていますよね。中には100円ではない商品もありますが、こんなものまで!という商品までそ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!