その他未分類

バリアフリーリフォームにかかる費用は?すぐにできる数千円のものから本格的な工事まで

バリアフリーリフォームにかかる費用は?

日本では急速に高齢化が進んでいますが、「いくつになっても自宅で生活がしたい」と考えている人が大勢います。

 

自宅で自立した生活を続ける助けとなるのが、バリアフリーリフォームです。どのくらいの費用がかかるのか、工事内容と共にご紹介します。

高齢者の事故の約80%が自宅で起きている

高齢者の事故の80%は自宅

 

年齢を重ねると視力や聴力、手足の筋力が弱まり、判断力も低下するため事故に遭いやすくなります。60歳以上の高齢者の事故のうち、80%近くが自宅で起きており、半数は転落・転倒によるものです。転倒時の怪我や骨折から寝たきりに発展するケースも多く、自宅の安全性は非常に重要と言えます。

 

自宅で転落・転倒などの事故が起こらないようにするためには、バリアフリーへのリフォームが有効です。バリアフリーリフォームにはどのようなものがあるのでしょうか。

バリアフリーリフォームの傾向と費用相場

バリアフリーリフォームの主な内容は「段差の解消」「手すりの設置」「床を滑りにくくする」などが挙げられ、全体の費用相場は100~200万円です。

 

もちろん個人のライフスタイルや不便を感じている箇所により必要な工事は違いますので、まずはどんな点を改善したいかを考えて工事計画を立てましょう。続いて、実施されることの多いバリアフリーリフォームと費用についてご紹介します。

段差の解消

段差解消スロープ…2,000円程度/箇所

敷居程度の低い段差を解消する目的であれば、ホームセンター等で売られている簡易スロープを設置することでバリアフリー化ができます。例えばこういうもの。

 

 

もっとしっかりしたものもあるし、高さも色々あるのでしっかり調べてから購入しましょう。

段差の解消工事…5~10万円

床の重ね張りなどの工事によってバリアフリー化する場合の費用です。

屋外にスロープを新設…12~20万円

段差の解消―屋外にスロープを

 

玄関前や門扉付近に段差がある場合、スロープを設けることで外出が楽になります。モルタル等でスロープを新たに作る場合の費用です。

手すりをつける

手すりをつけると転落や転倒を防ぐだけでなく、普段の移動や立ち座りも楽にできるようになります。ただし手すりを設置する箇所の壁の強度が十分でない場合、別途補強工事が必要となります。
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 階段に手すりを設置…5~15万円
  • 150㎝未満の手すりを設置…3万円~/箇所
  • 150㎝以上の手すりを設置…2万円/m

[/imglist]

床を滑りにくくする

床を滑りにくい素材に変更する

 

床を滑りにくい材質のものに変えることで、転倒を防ぐことができます。各メーカーから滑り止め加工のされている床材が販売されており、冬場冷えにくいものや防音性の高いものなど機能性の高いものもありますので、比較検討してみましょう。またコルクなどクッション性の高いものであれば、もし転倒してしまっても衝撃を和らげることができます。
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 床の重ね張り工事…7~10万円(6帖)
  • 床の張替え…10~30万円(6帖)
  • コルク床に張替え…25~30万円(6帖)

[/imglist]

その他のバリアフリーリフォーム

ドアの交換…4~20万円

前後に開閉する開き戸より、横にスライドする引き戸の方が楽に出入りできます。また車椅子の使用を考慮すると、間口を広く使える折り戸が便利です。

フットライトの設置…1~2万円/箇所

近づくと自動で点灯するセンサー式のフットライトを寝室や階段に設置すると、夜間でも安心して移動することができます。

ホームエレベーターの設置…250~450万円

自宅が2階建て以上であったり、階上に重い荷物を運んだりする際にとても便利です。しかし設置の際には確認申請の手続きが必要であったり、設置後も保守管理の費用がかかったりという面もあります。メリットとデメリットをよく考慮した上で、導入を検討しましょう。

まとめ

大小様々な規模のバリアフリーリフォームがありますが、急に介護の必要が生じたときに一気にやるのは経済的にも労力的にも負担がかかります。もしもの時に備えて、体力や気持ちに余裕があるうちから準備しておくと安心ですね。

 

しかし将来を見越して何もかも設置してしまうと、現状では設備が邪魔になったり、いざという時には使えなかったりと、かえって不便になることもあります。

 

そんな事態を避けるために、まずはバリアフリーリフォームの実績が豊富な工事会社を探して相談してみてはどうでしょうか。自宅での事故を予防し、介護が必要になった時でも柔軟に対応できるリフォームを実現しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!