その他

バリアフリーリフォームにかかる費用は?部分リフォームは数万円から!

長年住んでいる自宅。今までは問題なく生活していても年を重ねていくとちょっとした段差やドアなど使いにくさを感じることもあるでしょう。

ですから最近ではいつまでも安心して我が家で暮らせるよう、バリアフリーリフォームをする人が増えています。バリアフリーリフォームではどんなことができるのでしょうか。内容や費用について見ていきます。

バリアフリーリフォームはいつすればいい?

そもそも、バリアフリーリフォームはいつすればいいのでしょう。

  • 他のリフォームを行うタイミングで事前に
  • 使いづらいと感じる場所が出てきた時
  • 車椅子になるなど今ある設備がつかえなくなった時
  • 介護保険の認定を受けた時

など、人によってさまざまです。

あまり事前に準備しすぎても、実際に使おうとしたら使い勝手が悪かったということもあります。

段差の解消、トイレやお風呂などの水回りの交換などは事前にできるタイミングがあるのなら、しておいた方がよいかもしれません。段差はないに越したことがないですし、水回りは新しいものに交換しただけで使い勝手がよくなることもありますからね。

手すりやスロープの設置などは簡単に後付けできますし、人によって使いやすいタイプも変わってくるので必要になってからでよいのではないでしょうか。

どれが正解というのは一概には言えませんが、使いづらいなと感じたらリフォームを考えてみてよいと思います。事故が起こってからでは遅いですからね。

介護保険の認定を受けると、バリアフリーリフォームで補助金が出る場合があります。ですから介護保険の認定が出た時に考えて見るのもいいでしょう。

バリアフリーリフォームで補助金や助成は受けられる?いつ申請すればいい? バリアフリーリフォームをした場合、国や地方自治体から補助金や助成が受けられることがあります。 どのような補助金や助成が受け...

車椅子になってしまった場合のリフォームについてはこちらの記事をどうぞ。

車椅子で暮らせる家にバリアフリーリフォームしよう!どんな工夫ができる? 突然車椅子になってしまった時、今の家では生活が難しくなってしまうという場合が多いでしょう。 車椅子でも快適に暮らせるように...

段差が多い、階段が急などの家にお住いの場合、車椅子ですと生活は難しいですよね。その場合は施設に入ることになると思います。いずれは施設にと考えている場合でも、簡単なリフォームなどできることは行い家にいる間は快適に過ごせるようにしたいですよね。

バリアフリーリフォームの内容と費用相場

バリアフリーリフォームにはどんなものがあるのでしょうか。バリアフリーリフォームをすることの多い内容を見ていきましょう。ここではリフォーム会社に依頼するリフォームを中心に見ていきますね。

もちろん、すべてバリアフリーにしなくてはいけないということではなく、必要に応じてリフォームしていけばよいと思います。

玄関のリフォーム

内玄関(玄関の内側)

費用相場:5,000円~35万円参考

内玄関は上がり框(かまち)の段差解消リフォームをされる方が多いです。土間の高さを上げて段差を解消するリフォームは費用が高くなりますが、ステップやスロープの設置でしたら費用が抑えられます。

リフォームで解消することもできますし、市販のステップなどを使用することもできますよ。手すりの設置も同時に検討してみてください。

内玄関のバリアフリーリフォーム!段差解消にはスロープ?踏み台? 内玄関は家から外へ出入りする場所。毎日のように使いますが、段差があったりするとだんだん大変になってきますよね。靴を履く場所なので...

玄関ポーチ

費用相場:40~50万円(参考

玄関ポーチに段差がある場合、リフォームでスロープを取り付けることができます。リフォームするとどうしても費用がかさんでしまうので、取り外し可能な市販のスロープを使っている人も多いですよ。

玄関のバリアフリーリフォーム屋外編!玄関ポーチの段差解消やドアの変更など 玄関前のポーチに段差があったり、ドアが入りにくかったり、玄関前にはバリアフリーリフォームしたい箇所がたくさんあるのではないでしょ...

玄関ドア

費用相場:10~35万円参考

玄関ドアは引き戸に交換したり、段差が少ないドアに交換したりすると使い勝手がよくなります。段差の未解消したい場合はスロープを設置してもよいでしょう。

玄関のバリアフリーリフォーム屋外編!玄関ポーチの段差解消やドアの変更など 玄関前のポーチに段差があったり、ドアが入りにくかったり、玄関前にはバリアフリーリフォームしたい箇所がたくさんあるのではないでしょ...

段差の解消

敷居の段差

室内の段差で気になるところといえば、部屋と廊下の間などに敷居ですよね。敷居の段差を解消するには市販のスロープがおすすめです。

室内用のスロープは数千円から販売されているので設置しやすいのではないでしょうか。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

段差解消のための室内スロープはどんなものがいい?DIYもできる? 敷居やドア枠など室内のちょっとした段差は普段はまったく気にしていなくても、高齢になり足腰が弱くなると転倒の原因になってしまいます...

段差の違う部屋をフラットに

費用相場:2万円~※面積によって異なる参考

古い家の場合水回りだけ一段高い、廊下と部屋の高さが違う。ということがあります。特にマンションで多いですね。フルリフォームをする時に、低い床の高さを上げてフラットにすることも可能ですよ。

費用相場は2万円からですが、これは洗面所の床を上げた場合の価格。リビングなど広い範囲の高さを変える場合はもっと高額になります。また、床材によっても価格は変わります。

段差解消について詳しくはこちら。

廊下と部屋の床の高さが違う!床を上げるリフォームで段差解消! 最近ではなるべく床をフラットにしている家が多いですが、古い家の場合廊下と部屋の床の高さが違ったり、水回りの床の高さが違ったりする...

ドアの交換

費用相場:10~40万円参考

バリアフリーリフォームとしてドア交換をする場合は、開き戸から引戸や引き違い戸などに交換するケースが多いです。ドアの種類はもちろん、壁を壊す工事が伴うかによっても費用は変わってきます。

引き戸へ交換するリフォームについて詳しくはこちら。

室内ドアのリフォーム!引き戸から開き戸、開き戸から引き戸に交換する費用は? 室内ドアの引き戸や開き戸が使いづらいと思ったらリフォームを検討してみましょう。 スペースにもよりますが引き戸から開き戸、開...

水回りのリフォーム

トイレ、お風呂、洗面所などの水回りは毎日使う場所ですし、転倒などのリスクも高いのでバリアフリーにしておきたい場所ですよね。

新しい商品は使い勝手にこだわっている場合が多いので古いトイレやお風呂は最新のものに交換するだけでもだいぶ使いやすくなりますよ。

トイレの交換

洋式から洋式に交換:10~30万円
和式から洋式に交換:20~50万円参考

トイレ本体の他にドアの交換、床材の交換、手すりの設置なども行う人が多いです。スペースの拡張やトイレの移動、新設を行う場合は費用が上がります。

トイレのバリアフリーリフォームについてはこちら。

トイレをバリアフリーリフォームしたい!費用はどのくらいかかる? 家族の介護が必要になった、老後に向けてなどバリアフリーリフォームをしたいと考えた時、トイレはもっとも重要なポイントになると思いま...

お風呂の交換

ユニットバスからユニットバスに交換:50~150万円
在来工法からユニットバスに交換:65~150万円参考

お風呂の場合もドアの交換、床材の交換、手すりの設置、浴室暖房の設置などを一緒に行う人が多いです。オプションをつけていくだけでも使い勝手のいいお風呂になりますので検討してみてください。

お風呂のバリアフリーリフォームについてはこちら。

お風呂のバリアフリーリフォームの費用
お風呂のバリアフリーリフォームで出来ることは?費用や事例もご紹介! 家の中でバリアフリーリフォームをすることの多い場所の1つにお風呂が挙げられます。毎日使用するお風呂ですが、年齢を重ねるとかなり大...

洗面所の交換

車椅子用の洗面台の交換費用:20~50万円参考

洗面所の場合は洗面台の交換よりも床材の交換、手すりの設置、手すりの設置などを行う人が多いです。

洗面所・脱衣所のバリアフリーリフォームについてはこちら。

洗面所・脱衣所のバリアフリーリフォームはどんなことができる? 家の中でバリアフリーにしたい箇所は、やはり水回りですよね。洗面所はトイレやお風呂に比べると後回しにしてしまう人も多いかもしれませ...

風呂場や洗面所が寒すぎる場合は、温度のバリアフリーも考えて見てください。

風呂場や洗面所は温度のバリアフリー化も!断熱リフォームでどのくらい変わる? バリアフリーリフォームというと段差をなくしたり、手すりを付けたりすることを指すのがほとんどですが、今回は「温度のバリアフリー」に...

手すりの設置

費用相場:1本15,000円~参考

手すりは玄関やドア付近、水回り、廊下など様々な個所に設置することができます。必ずしもすべての場所に必要ということはありませんので、必要な個所に設置しましょう。

ただし、トイレやお風呂などの水回りは本体交換時にオプションで設置すると安く済みますよ。

手すりの設置について詳しくはこちら。

バリアフリーリフォームで手すりを設置したい!設置すべき場所、高さ、太さ、形は? バリアフリーリフォームをする際、家中に手すりを設置する人は多いです。現在、歩行が困難な人がいなくても将来を見据えて手すりを設置す...

使いやすい間取りに変更

簡単な仕切り:5万円~
家全体の間取り変更:300万円~参考

個別のリフォームの他には、生活スペースを1階にまとめる、寝室の近くにトイレを設置するなど間取り変更を伴うリフォームをする人もいます。

費用はもちろん高くなってしまいますが、介護される人もする人も暮らしやすい空間になることは間違いないですよ。

間取り変更を伴うリフォームについてはこちらをどうぞ。

大規模バリアフリーリフォームで使いやすく間取りも変更!事例をご紹介! 家全体をバリアフリーリフォームしたい、と考えている方は思い切って間取りから見直してみてはいかがでしょうか。 生活導線を見直...

車椅子でもすごせる家にリフォームしたい方はこちらの記事をどうぞ。

車椅子で暮らせる家にバリアフリーリフォームしよう!どんな工夫ができる? 突然車椅子になってしまった時、今の家では生活が難しくなってしまうという場合が多いでしょう。 車椅子でも快適に暮らせるように...

ご紹介した費用相場はリフォーム会社などに依頼した場合の値段です。スロープやステップ、手すりなどはDIYで設置することもできますよ。費用を安く抑えたい方はDIYや市販品なども検討してみてください。

バリアフリーリフォームは、条件によって介護保険が使えたり、リフォーム減税の対象になったりすることがあります。少しでも補助金が出たらありがたいですよね。こちらの記事もチェックしておいてください。

バリアフリーリフォームで補助金や助成は受けられる?いつ申請すればいい? バリアフリーリフォームをした場合、国や地方自治体から補助金や助成が受けられることがあります。 どのような補助金や助成が受け...

まとめ

バリアフリーリフォームの箇所と費用を見てきました。

部分的なリフォームでしたら数万円から可能ですが、家全体をリフォームすると1,000万円以上になるケースも少なくありません。

バリアフリーだけのために1,000万円というと高すぎると感じてしまいますが、フルリフォームをすればそれ以外の家族も快適に過ごしやすくなるでしょう。

どこまでバリアフリーにするのか、とうのは悩むところですが納得のいくリフォームを実現させてくださいね。

リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!