全面リフォーム

スケルトンリフォームの坪単価はどのくらいが相場?坪単価表示の注意点とは

スケルトンリフォームの坪単価はどのくらいが相場?坪単価表示の注意点とは
住宅にかかる様々な工事費用を考えた時、坪単価が表示してあるととても解りやすく、また安心感がありますよね。但し、坪単価の仕組みをきちんと理解していないと、リフォーム業者とのトラブルの元となる可能性もあります。

 

スケルトンリフォームに於いても、平均の坪単価と注意点について知っておくことは大切なことです。

 

今回は、気になるスケルトンリフォームの坪単価の相場と、坪単価表示の注意点についてご紹介します。

一戸建てのスケルトンリフォームでは

一戸建てのスケルトンリフォームの価格は、一般的な新築住宅を建築する場合と同等であると言われています。

 

新築住宅の建設では、安い工務店だと坪単価35万円からなんていうところもありますよね。高いところだと坪当たり70万円というハウスメーカーもありますが、新築住宅の平均坪単価は45~55万円です。

 

[check color=”orange”]肝心のスケルトンリフォームの坪単価は――

解体からすべての工事込みでおおよそ50万円[/check]

 

こう見ると、やはり新築住宅と同程度の費用が必要であることが解ります。新築住宅と同様に、戸建てのスケルトンリフォームでは自分の意見をすべて家に反映できるため価格に上限がないといというも特徴です。

 

今まで戸建のスケルトンリフォームを行った人に多い総工事費用の価格帯は、1,000万円から1,500万円となっています。ここからも、単なるリフォームに比べても費用が高めであることが伺えます。

マンションのスケルトンリフォームでは

マンションのスケルトンリフォーム
次に、マンションでスケルトンリフォームを行った場合の平均坪単価について見ていきましょう。

 

マンションでのスケルトンリフォームは、戸建てよりも大きく費用が下がり平均坪単価は15~30万円です。

 

これは、戸建てよりも面積が狭くなるという他にも、外壁や屋根などの工事が含まれないという点も大きく影響しています。また、戸建てよりもリフォームにおける自由度が低いということも関係しているようです。

住宅の設備や内装材についても、マンションの規約内に収まることが絶対条件になりますから、すべてを思い通りにするということは難しくなります。

 

マンションにおけるスケルトンリフォームでは、工事事例から見る総工事費用の価格帯は600万円から1,000万円です。

坪単価表示の落とし穴

最後に、坪単価表示で陥りやすい勘違いや落とし穴について詳しく説明していきます。

 

坪単価とはとっても便利なものですが、そのデメリットについても詳しく知っておかないと、実際に工事の見積もりを貰うと予想価格と違い驚いてしまうこともあります。では、どんなことに注意するべきなのでしょうか?

延べ床面積か施工床面積か

業者によっては、明らかに価格を安く見せるために、延べ床面積での坪単価ではなく施工床面積での坪単価を表示しているところもあります。施工床面積とは、延べ床面積では含まれない「ベランダ・デッキ・小屋裏収納・地下室」なども面積に含んでいるものです。

 

単純に、価格を面積で割るのが坪単価ですから、面積を大きくしてしまえば自ずと坪単価は下がりますよね。

 

しかもこの部分は素人目には解りにくいものですから、疑いを持たずに坪単価の安さで業者を選定してしまうと、逆に高くついてしまったということも考えられるのです。

どこまでの費用を坪単価に含んでいるのか?

優良な業者であれば、工事にまつわるすべての費用から算出した坪単価を提示してくれますが、中には表示された坪単価以外に別途費用が掛かってしまう業者もあります。また、不明な追加工事なども行われてしまうといったケースもあるようです。

 

坪単価である程度依頼する業者の目星をつけるのであれば、工事のすべてを含んでいるのか、延べ床面積での計算かという部分についてしっかり業者に確認しておくことが大切です。

まとめ

一見解りやすい坪単価表示も、業者によってその内容はまちまちであることが解りましたね。単純に坪単価の安さで業者を選定してしまうと、却って他の業者よりも費用がかさんでしまった!なんてことも有り得ます。

 

リフォームのトラブルはとても多いので、スケルトンリフォームを行う際には疑問にすぐ答えてくれ、親切な対応で信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!